今日のチャンコは,鶏肉をベースに,豆腐・キャベツ・もやし・ほうれん草などをタップリと入れた鍋です.さっぱり味が伊勢ノ海部屋の基本.
稽古後の力士達にちょうど良い味付けになっている時には,普通の人にとっては塩加減が濃く感じられます. 「お客さんがいらっしゃる時には,味付けを薄くするんですよ.」と,チャンコ長の英彦の山さんが教えてくれました.
左が四ツ車,右が北の剛
荒熊.チャンコを食べて体を作るのも仕事の一つ.
チャンコを食べおえてリラックスする荒海.

ホームへ戻る | ギャラリー | 前へ | 次へ